【ingLIFE体験イベント】書く瞑想ジャーナリングワークショップ

2022/11/14

ingLIFEは集中とリラックスの両方にぴったり!
体験会でingLIFEを使用いただいた方からのお声をお届けします!

頭に浮かんだことをそのまま書きだすジャーナリングは、 書く瞑想とも言われ、「書く」を通じて、自分自身と向き合います。「頭が整理される」「心がととのう」と、ストレスの多い現代のビジネスパーソンの間でも注目の高まっているアクティビティです。

そこに、座面がゆっくり揺れ、体幹を自然に整える機能性を持つ【ingLIFE】をプラス!
自分の身体や心が整っていく感覚から、新たな気づきやひらめきが生れるかもしれません。

今回は、ジャーナリングワークショップで実際に【ingLIFE】を使用いただいた方からのお声をお届けします!

1. ジャーナリングとは?

特にこれといって悩みがあるわけじゃないのに、なんだかモヤモヤする。頭が重くて、スッキリしない。どことなくストレスを感じているけど、原因がわからない。誰かに相談するほどではないものの、ちょっとしんどい。そんなモヤモヤへの処方箋として最近注目を集めているのが、書く瞑想とも言われる「ジャーナリング」です。その方法はとても簡単で、好きなノートと筆記具を用意し、一定の時間、思い浮かぶことをただひたすら書いていく、というもの。

時間は5分でも15分でも、自分が取り組みやすい長さに決めてOK。ノートを3ページ埋める、といった区切りでも構いません。ポイントは、誤字や脱字、文章の上手さや読みやすさは一切気にせず、ひたすら手を動かして思い浮かんだことを「そのまま」書くこと。そのためには、途中でジャマが入らない、自分だけの時間と場所を確保してから書き始めると良いでしょう。「仕事について」「将来やりたいこと」など、テーマを決めて取り組むのもアリ。毎日書いてもいいですし、気が向いたときだけでも大丈夫。とにかく自由なのがジャーナリングの魅力です。

書くことで「自分はこんなことを思っていたのか」と俯瞰できるだけでなく、「すごく大変だと思っていたけど、書き出してみると案外たいしたことないな」と冷静になれたり、「こんな解決策があるな」と思いついたりすることも。また、特にハッキリとした気づきがなかったとしても、書きながら「今、この瞬間」に集中することで、マインドフルネスの瞑想と同じような安らぎが感じられます。まさに、ジャーナリングが「書く瞑想」と言われるゆえんです。

2. ジャーナリングワークショップ参加者からこんな感想をいただきました!

そんな自由なジャーナリングを、バランスボールに座っている感覚で、座面が360°自由にゆっくりと揺れ動き体幹を自然に整える【ingLIFE】にお座りいただきながら体験できるワークショップを<コクヨくふうフェス>で実施しました!ジャーナリング初体験者も多く参加した今回のワークショップでは、講師の先生が作り出す空気感が心地よく、リラックスして参加できたとの声多数!その様子と、参加されたみなさんの声をご紹介します!



【ingLIFE】に座って伸びの運動。

心地よい香りの空間で、集中も増すようです。

カラフルな【ingLIFE】

ワークショップで利用したノートとペンの相性までデザインされた「PERPANEP(ペルパネプ)」ブルーグレーと白が基調のデザインも思考を邪魔しないほどよさ。シンプルかつ上品で、持っているだけでも少しテンションの上がるノートです。

<ワークショップ参加者の声>

■ジャーナリングについて

  • 普段、なかなか文字を書くことがないので久しぶりに字をたくさん書きました。書くことがこんなにも集中してできるなんて驚きでした。
  • 初めての瞑想経験でした。スッキリしました
  • 瞑想とジャーナリングを体験できて、意外と集中して書けるなと驚きました。習慣化してみたいと思います。
  • 穏やかな気持ちでジャーナリングをすることができました。この回の雰囲気もよく暖かい気持ちになりました。今後もジャーナリングを続けていこうと思います!
  • 瞑想が初めてだったので実際にやってみて不思議な時間を体験できました。自分に問いかけたり自分を感じることが大切なんだなと思いました。

■ingLIFEについて

  • とても座り心地がよく、リラックスしていました。デザインも好きです。
  • 普段はスタンディングデスクを使い立って仕事をしているのですが、このチェアは1時間快適に座らせて頂きました。
  • 座面の座り心地が良かった
  • 動くので腰などへの負担が少なく感じて良かった
  • めっちゃ気持ちいい(座り心地がいい)
  • 椅子がついてきてくれる感覚が心地よかった
  • 姿勢を変えると椅子が追従してくる
  • 座ってて楽しい、体に良さそう
  • 仕事中に伸びをしたり、リフレッシュしたいときに、座面が一緒について来てくれるので身体が楽になりそうだなと思いました。態勢を変えたいときもあるので、あぐらができるのもよいです。腰も痛くならなそう!
  • 思った以上に安定感があった
  • 疲れづらく良い姿勢が保ちやすい
  • 体を適度に動かせるから、疲れにくそう。
  • 1時間座ってみて、普段使えていない部分(背筋あたり)に負荷がかかる印象があり、座ることで健康になるという効能もあるのかなと感じ、健康に興味がある身としては、とても興味が沸きました。

※イングライフの購入者レビューも是非ご覧ください。
(遷移先ページ下部<この商品のレビュー>をご覧ください)
https://workstyle.kokuyo.co.jp/shop/g/gWS108548/

3. 【ingLIFE】を体験すると、購入意欲が急上昇!

今回のジャーナリングワークショップ参加者約50名のうち、36名の方からアンケートの回答をいただいた結果、【ingLIFE】を約1時間の体験いただいた後の購入意欲が急上昇!

座面がゆっくり揺れ、体幹を自然に整える機能性を実感いただけたようです!

【ingLIFE】の魅力を是非体験していただきたく、体感場所をご用意しておりますので、是非お立ち寄りください!

ingシリーズ体感場所一覧
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/ing/experience/

4. 座禅が発想の原点のチェア【ingLIFE】

仕事と生活を楽しむワーキングチェア

座禅など日本的な姿勢を発想の原点に自然な姿勢で座る快適さをを見つめたチェアがingシリーズです。メカをたくさん付けて調整するのではなく座面が揺れるというシンプルな構造を活用して、骨盤の角度や背骨のS字カーブを常に快適なポジションにサポートできるよう設計しました。なかでもingLIFEは、家庭の空間に置かれることを想定し、仕事、勉強、食事、家族の団らんまで様々なシーンに対応するマルチオブジェクティブチェアです。

座禅が発想の原点のチェア【ingLIFE】。集中とリラックスのシーンにぴったりですね!

楽曲:東郷清丸

開発者の自宅を公開!ingLIFE開発秘話【ingLIFE】もご覧ください。

ご紹介商品はこちら

  • ingLIFE

関連記事

こちらの記事も読まれています